そう、12年前は自身にとって一つの転機でもあった年

新年の挨拶にも書きましたように、今年は自身の進むべき道を考え直す年と記しましたが、12年前はホント衝撃的な出来事に始まって、それから大学を修了し大阪を離れて就職した年でした。
今でも、両親や弟の見送る姿を忘れる事は出来ません。
昨年4月25日の記事にも書きましたが、社会もそして今の自分自身も大切なものを見つめ直す事が肝心なのだと想うと同時に、震災の記事を見て言葉では言い表せない何かがこころに込み上げてくるのです、、、。
●関連記事
阪神大震災から12年、「6434」の鎮魂の火
(「YOMIURI ONLINE」より)
阪神大震災:17日で12年 追悼行事相次ぐ
(「MSN-Mainichi INTERACTIVE」より)
「震災知らぬ市民」3割に 阪神大震災12年
(「asahi.com」より)
語り継ぐ阪神大震災 教訓をブログに集約
(「Sankei WEB」より)