埋もれさせて置くのが勿体無い日本ワイン!〜 旅先で頂いた逸品

この日の晩は有志の方とかの有名なFor Hearts Cafeさんにて夕食を戴いてたら、顔見知りの方とその友人ご夫婦(奥様が屈託のないワイン好き)と意気投合! で、ボトルで店主のお勧めをこちらでセレクトし、二品頂きました。
○「キャネー甲州 万力山(2007)」(金井醸造場
小生好みの「醸し」の甲州ワインですが、ワイン好きの奥様曰く「とても美味い日本酒のよう」とたいそうお気に召してました。ほのかな香草の様な薫りに続いて控えめだけど芳醇な洋梨香がします。2006年物の収斂味ががった酸のキュッとした感じも残しつつ全体のバランスを上手く取る形になり、今の一言にあるように旨味が増しています。
酸・旨味・残糖がどれもちょうど良い所にあり、しかも醸し由来の渋味がアクセントとなっているので飲み飽きず、かつ完成度は上がったと感じました。
先入観無しに醸しの甲州ワインに出逢った小生にとっては感慨深いものがあります。
○「シャンテ CS et PV(2005)」(ダイヤモンド酒造
山形・上山のカベルネ・ソーヴィニョン(CS)と山梨・一宮のプティ・ヴェルドー(PV←「V」です。失礼しました!)をアッサンブラージュした濃厚なボディーを感じる赤ワインで、樽のヴァニラ香が結構出ています。そんな訳で、もう少し数年置いて熟成させるとこなれてさらに良いワインになると思いますよ。
実際、先の奥様曰く「うわぁ〜、これじっくりと頂きたいですね。」とビックリされてました。この余韻は一緒に入っているプティ・ヴェルドーがまさに「引き立て役」として働いていると小生は思いました。樽香と共にブラックベリー系の薫りがするのと、時間が置いてからタンニンの角が取れた時にほのかにチョコレートの様な風味を感じるからです。(CSオンリーだと、相対的に酸味を感じますが、このワインでは上手く調和している。特に、上山のは酸が特徴的なので、、、。)