埋もれさせて置くのが勿体無い日本ワイン!〜 丹精込めて造られた北海道のワイン(第二弾)

とにもかくにも、記憶が新鮮な内に!
○『栗沢ブラン(2006)』(ココ・ファーム&ワイナリー・写真右)
ココ・ファームさんのは詳しいデーターシート(PDFファイル)が開示されているのでご覧頂くとして、北海道・岩見沢近郊の中澤農園さんで栽培されたブドウを用いて初リリースされたワインです。
シルヴァーナ、ピノ・グリ、ゲヴェルツ・トラミナー、ケルナーをアッサンブラージュしたこのワインはシャープかつ豊かな酸味が特徴です。ほんのりとハーブの薫りと薔薇の花系ブーケがします。まだ、それぞれの要素が調和していないところが見受けられますが、ファーストリリース故なのと熟成がまだな所以でしょう。
何となく似通ったイメージを想定して一緒に頂いたのが、写真真ん中のマルセル・ダイス アルザス・ブラン(2004・リンク先はミレジム違いですが、一番冷静な解説なのでこれを選びました。)で、結構涼しげでミネラリーなのは通じる物があります。全く同じように比較するのはナンセンスですが、このダイスさんのワインを一緒に飲んでみると「セパージュよりもテロワール」を中澤さん&ココさん流に表現したという趣が。(意図的かどうかは不明ですが、ボクにはそんなコンセプトが浮き上がってきます。)「これからのミレジム」の可能性を感じるワインです。今後の更なる成長に期待しています!
○『鶴沼トラミーナ(2005)』(北海道ワイン・写真左)
今村直氏を始めとするスタッフが約20年の労苦の下開墾し小生が以前実際に訪れた鶴沼ワイナリーにて、手塩にかけて栽培してきた華的存在であるゲヴェルツ・トラミナー単一のワインです。(もう一つの「華」がヴァイスブルグンダー(ピノ・ブラン)です。)
良年では『鶴沼』の文字が金ラベルでこの2005年は通常の出来と判断され黒ラベルですが、判断基準が厳しいのか「これ黒ラベル?」と思わせるほどの優れた出来です! 特徴あるライチ香は勿論の事、少し甘味がかった風味もちゃんと出ており、こちらは「品種の趣き」を全面に押し出したワインです。
程良い余韻もあり、アルザスのゲヴェルツと充分抗します。ドイツのゲヴェルツのような「ネットリ」感が無いのでとてもエレガント。この完成度を黒ラベルとしたのには、何か「期する物」があるのでしょう。行く末が恐ろしいです。