幸先のよいスタート

まだ課題がある事を匂わせる中村俊輔選手のコメントの通り、進化が常に問われるのが代表やビッグクラブの宿命でしょう。
やはり、『重鎮』の存在は何物にも替え難いです。
オシム前監督、アドバイザー就任へ
爺さん、スンマセン。恐れ入りますが何卒宜しくお願いします。
○関連記事
勝ち点3以上の重み / W杯アジア地区3次予選 日本代表対オマーン代表
宇都宮徹壱氏:寄稿)
(ここまでのリンク先は、いずれも「スポーツナビ」より。)
中田英寿氏が熱視線!勝利に喜びの声(「サンケイスポーツ」より)
「復帰話」はさて置き(苦笑)、両記事で書かれている代表への関心度は単なる人気獲得のみならず、選手とサポーター双方が成長へ向かって行くかのバロメーターです。やはり、「裾野拡大」プラス「当事者の意識向上」は同時進行でなければ成熟へ繋がらないと思います。