埋もれさせて置くのが勿体無い日本ワイン!〜 こんな所にこんな品種が!

てなわけで、お祝いパーティーにて御紹介させて頂いたのを、、、。
○『ドルンフェルダー(2005)』(井筒ワイン
ドイツ系の黒葡萄。あまり馴染みがないかと思いますが、本国ではポピュラーな品種です。北海道では月浦ワインさんのが有名だそうです。
実は、去年の甲斐Vinにアトラクションで登場したのがコレ。見事当てたのは丸藤さんの大村社長だけだったというインパクトのある思い出と共に、信州でも適地なんだと感心させられた逸品! 辛口赤ワインなのですが、ワインの苦手な人にお薦めしたい一本。
似た系統として近隣オーストリアのツヴァイトゲルトレーベがありますが、ドルンフェルダーの方が酸がずっと穏やかなので口にしたら柔和に感じます。適度な渋さなので通にも喜ばれると思いますよ。
○『シャルドネ・アンフィルタード(2006)』(都農ワイン
去年の国産ワインコンクールでは、2005ミレジムが「欧州系品種 白」の部で金賞&カテゴリー賞の栄誉に輝きました。
今年のはMLFと樽の効き具合が丁度良い塩梅で、円やかな酸味に仕上がってます。(記憶の限りでは、去年のはもうちょっとエッジが立っていた様な気がする。)
たまたま「祭り」の会場でシャブリが有ったので同時に頂きチェックした所、ミネラル感は流石に負けますがそれでも完敗では無く「惜しい」の領域。樽香・酸味のバランスは都農さんの方が優れてました。(まぁ、どのシャブリ選ぶかによって変わりますし、コンディションもあるので、、、。その辺はご勘弁を。)今年の選考で真価が問われると思いますが、是非連続受賞目指して欲しいです!